スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/--】 スポンサー広告 | コメント(-)

始まりと終わりの時。
今日は忙しい日。
時間に背中を追されながら一日が進んでいきました。

一つのことが始まる時。
「ピンポーン」とチャイムの音を聞くと気が引き締まります。
準備はちゃんと出来ていたっけ?
ドアを開けた瞬間に相手に見せる顔は大丈夫?
笑えているかな?
声は出せているかな?
kanaの代わりの挨拶ですからね。
元気にやらなくちゃね。

一つのことが終わる時、
「ありがとうございました」とお礼を言ってドアを閉め、
ちょっと間をおいて鍵を掛けると、大きなため息が出ます。
エレベーター待ちでまだドアの向こうにいるかもしれない人に
聞こえちゃったんじゃないかな?と心配になるほどの大きなため息です。
でもすぐに「さて次!」と気合を入れ直して準備にかかります。
金曜日は多いと4人の人がkanaに会いに来てくれます。

私には聞こえませんが、kanaも玄関での大人の挨拶を聞きながら
一人小さなため息を漏らしているのかもしれません。
kanaが楽しく、気持ちよく、元気に過ごすための訪問とはいえ金曜日は大変だ。

そして5人目はpapa。
今日は開店したばかりのコンビニ視察をしてきたようです。
安売りシールの貼られたおにぎりやパンを買い込んできました。
私も手織り教室の帰りに寄ってみよ~っと。
スポンサーサイト
【2010/05/28】 受けているサービスのこと | コメント(-)

ありがとう。また会えるよね。
100325c.jpgNさん、三年間ありがとうございました。
今日はリハビリの引継ぎがありました。
相変わらず楽しいNさんとのお別れは寂しく、
(T-T)うるうるしちゃうかなぁって思ってたけど、
いえいえ、今日もいつもどおりのにぎやかな時間でした。

そんな雰囲気に新しく担当してくださる方は
びっくりしてたんじゃないでしょうか?
でも新しい色を期待しつつ、
痛いこともある時間だからこそ母もPTさんも笑顔いっぱいで
kanaの周りを明るく、にぎやかにしててあげたいんですよね。
どうぞよろしくお願いします。

またきっと会える気がするんですよ。
Nさんとはこれからも折に触れてご縁をいただける気がするんですよね~。
そんな日を心から楽しみにしています。
kanaをいっぱいかわいがってくださって
本当にありがとうございました。

kanaは今日も小さめ発作の多い日。
特に午前10時から11時の間には笑い・泣き発作と目の上転を繰り返し
なんとも落ち着かない時間でした。
疲れただろうね。
【2010/03/25】 受けているサービスのこと | コメント(-)

新しいマッサージの先生。
080723c.jpg今日から新しい先生でのマッサージです。
kanaは思いっきり寝起き。
ぼーーーっとしながら始まりました。

今度の先生で3人目。
それぞれの人のやり方があり、似ているけれどちょっとずつ違う感じ。
新しい先生はパーツパーツの動かし方が細かいみたい。
慣れないので、動かす範囲はまだ小さめかな。
でもゆっくり移動していく手の動きがkanaの緊張を取ってくれ、初めてだというのに心拍はとっても落ち着いて90台。
時々笑顔も見られます。
そんな様子に母も…きっと先生も…安心しました。
kanaは一度も痛がる様子も、嫌がる様子もありませんでした。

横向きでkanaの肩、首をほぐしてくれる時に、
「凝ってるねぇ」って先生が言いました。
やっぱり同じ姿勢が多いから?頭がとっても重いから?
kanaも肩こり、首のこりに悩まされているようです。
首を回す運動はできないから、気付いた時にもみもみしてあげたほうがいいかな。
途中小さめの発作があり、そんな様子も見てもらいました。

今日みたいな暑い夏も、木枯らし寒い真冬も通うのは大変だと思いますが、
どうぞよろしくお願いします。
kanaを好きになってあげてください。

あ、地震だ。(7/24 0:26)
こんな遠く離れた名古屋でも揺れがわかりましたよ。
みなさん、大丈夫でしたか?
写真は就寝着替え前のpapaとのスキンシップ。
抱っこ、うれしい~の直後、こんな姿勢にされてうなっておりました。
【2008/07/23】 受けているサービスのこと | コメントを書く(2)

指示待ち実習生さん。
暑いけれど、じっとりは少しましな感じの一日。
クーラーの効きもよく、設定温度28度ではちょっと涼しく感じました。

今日は訪看さんのお風呂の日。
実習生のお姉さんも一緒です。
久しぶりに来た訪看さんの声にkanaも(*^-^)にこってご挨拶。
その後に聞こえた緊張した知らない声には目だけのちら見で
誰が来たかを確認していました。

お風呂に入る手順を進めていくうちにわかったこと。
今日の実習生さんは立って見ていることが多い、指示待ちのタイプの人のようです。
…実習に来る学年によっても動き方がずいぶん違うと思いますが…
でも、こういう実習生さんってどこの職種でもいますね。
事業所的にどこまでやらせていいかという決まりもあるんだろうけど、
見てるだけじゃ、せっかくの実習がもったいないなぁ。
自分も職種は違えども「実習生」と「その指導」の両方を経験したことがあるので
受け入れる立場になった今でも
どうしたらよりよい実習になるだろうか…なんて余分なことを考えてしまいます。

お風呂も上がって、忙しくしている訪看さんの横で戸惑っている実習生さん。
訪看さんの指示で少しは手を出してはいますが、
kanaと少し距離をとって見ているその姿を見て「もったいない」と思ったので
どこまでやってもらっていいかを訪看さんに聞いてみると
「お母さんがやってほしいことがあればそれを…」と言われました。

それなら、もっとkanaに触ってほしいな。
じゃあ、綿棒で耳の水を拭いてあげてください。
髪を梳いてください。服を着せてください。
ホントは血圧も試して、わかりにくさを経験して欲しかったし、
お風呂の中でも体を洗って欲しかったし…もっといっぱい関わって欲しかったんだけどな。

実技的なことはもちろん、気持ち的にも言葉かけも
何をとっても、それは大人の実習とは違うものだろうから
もっとその違いを感じて欲しいなぁ。
言葉のない子の言葉を感じ取ろうと思う気持ちを持って欲しいなぁ。
今度事業所から実習生さんの受け入れの話があったら、
そんな思いを伝えてみようかな。
ただただ『実習生さんうぇるかむです~』って言うのから少しレベルUPです。

ま、私の勝手な思いだけで、余分な配慮かもしれませんね。
だけど、だけど…
kanaの人生で関わりを持つ人の数は元気な子と比べたら確実に少ないはずで、
関わりを持つまでもなく、
kanaの周りを通り過ぎていく人の数もとっても少ないはずだから、
関わりを持つことのある人には少しでも、kanaを知ってもらいたいし
こんな子がいたなって、記憶の隅っこにでも残してもらいたいなぁって思いますし。
それに、もっと大きく考えたら
こういう人を育てることに関わることもkanaの生まれてきた意味かもしれないって思うし。

実習生っていったって夏休みを中心に、年に2、3人程度。
kanaに関わった人は今までに10人もいないでしょうけど、
何かの縁あってkanaの所に来てくれるなら、いい実習をして欲しいなと思います。
【2008/07/22】 受けているサービスのこと | コメントを書く(4)

ショートステイ前の診察を受けました。
071002.jpg今日は午後から
ショートステイの契約希望を出している病院へ
診察と施設の見学に行ってきました。

初診なのでカルテを作る手続きから始まります。
すぐに担当の看護婦さんが「kanaちゃん?」と
声をかけてくれました。
知らない病院ではうれしい心使いです。
小児科の先生の診察は型どおりに進み、およそ10分で終了。
主治医A君からの医療情報書が行っているとはいえ、
なんだか、物足りない感じ…( ̄o ̄;)ボソッ

その後すぐに施設の見学に行きました。
病院の本館から離れた所に重症心身障害児(者)の入所施設があり
そこでショートステイを受け入れてくれます。
はっきり言って、施設は古いです。
kanaの病院が新しくなったので、余計にそう思うのかしら?

一歩中へ入ると、正直ショックを受けました。
そこにはkanaよりも年長の方が何人も、何人もみえます。
バギーに乗っている方も、ベッドでミルク中の方も、床で遊んでいる方もいます。
kanaが肢体不自由の養護学校に通っていたら、
私の中でももう少し免疫があったのかもしれません。
でもそういった免疫のなさだけではないのかな。
年齢がずっとずっと上なんです。
入所している方は下は10歳前後から、上は60歳の方までと聞きました。
お誕生日のカードを見ても20歳、30歳過ぎの人がほとんどでした。
小児病棟の感覚で行ったので、
よけいに違うショックを感じてしまったのかもしれません。
将来を考えてしまったのかもしれません。

師長さんが施設の説明や一日の流れと丁寧に説明をしてくれます。
でも、どこを見ていいのかわからないし、
この中にkanaが入ることも想像できないし、
とにかく気持ちがいっぱいで、質問一つ浮かんできません。
papaも同じ感じだったのかもしれません。
kanaは聞き慣れない声や音を静かに聴いています。
じっと情報収集に努めているって感じです。
ここがどういう場所なのか、理解できたのでしょうか?

ここのショートステイは土日祝日は原則できないそうです。
平日のみの対応です。
kanaがお世話になるとしたら、モニターや吸入器、マット、おもちゃなど
いつもkanaが使っている物を持ち込むことになりそうです。
午前中は療育の時間がありプレイルームでみんなと過ごすそうです。
それ以外は、どんな風に過ごすのでしょうかね。
今朝、涼しくて出かける直前にゴロゴロが多くなってしまったので、
吸引機も持って来ました。
そのせいか、kanaの吸引頻度についていろんな人に聞かれました。

ゆっくりと見学をしている最中、一人の男性に声をかけられました。
「○○さんですか?」「はい…」
その方は児童相談所の重症心身障害児担当のケースワーカーさんでした。
以前、kanaが何度もお世話になった方は、もう移動されて
その方が担当になり、kanaの事も引き継ぎで聞いていたんだそうです。
たまたまその施設に来たら、ナースステーションでkanaが来る事を知り
声をかけてくれたのだそう。
kanaの現状を簡単に伝え、体調も落ち着いているので
ショートを検討できるほどの余裕もできてきたと伝えました。

すると、ケースワーカーさんからショートについての助言をいただきました。
kanaには、ここよりも遠いけど別の施設の方がいいのでは…と。
もちろんここも契約を結んでおくことはいいけれど、
ぜひ、県○○にも行っておいた方がいいということでした。
医療面、緊急時の対応等、理由もしっかり聞けとても参考になりました。
papaもその話しを聞いて、ぜひそちらも受診してみようという事でした。
そうですね。
そうしましょうかね。
偶然会えたことも、kanaの持つ「運」でしょうか。

帰宅すると、玄関からきれいな夕日が見えました。
kanaには今日行った場所の説明をしっかりしておきました。
「もしかしたら、kanaが一人でお泊りをするかもしれない病院よ」って。
どんな風に受け止めたかな?
お泊りって意味、わかるかなぁ?
後日契約できるか、できないかの連絡が入るそうです。
今更ですが、ショートステイ…何だか複雑な気持ちです。
【2007/10/02】 受けているサービスのこと | コメントを書く(6)
   次のページ≫
■おでむかえkana

■CALENDER

07≪│2017/08│≫09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

■SEARCH・RANKING

■CATEGORY

■先頭の+(プラス)クリックでカテゴリオープン■

■SEARCH

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。