スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/--】 スポンサー広告 | コメント(-)

おはなし、いろいろ。
100524c.jpg今日はすごい雨と風でした。
まるで台風みたい。

まだ雨がひどくなかった午前中、先生が来てくれました。kana、学校です。
でもほとんど寝てました。
その寝ている間に出来たのが、写真のモビール。イルカとカメと灰色のマンボウがいます。
なぜかイルカには眉毛があって、凛々しいです。
三種類ともkanaが水族館で実物を見たものだね。
先生から遠足のビデオをもらったので
また一緒に見ようね。

kanaが起きてから、先生が本を読んでくれました。
「そらまめくん」と「トーマス」を二冊。
「トーマス」は一度も手に取ったことがなく、
テレビも見せたことがなかったので、母も新鮮でした。
正直、頭っから『男の子の見るもの』と決めていた母でした。
別にそんな線引き必要ないのにね。
 

kana的にはどうだったんだろう?
機関車っていうのは電車の仲間だよと、
kanaの経験に近い所で説明をしておいたけど楽しく聞けたんでしょうかね?
先生もそれを心配して「また読む?」ってkanaにじっくり聞いていたけれど
いまいち反応がわからず…ってことはいまいちだったってこと?

kanaは昨日、「きいろいばけつ」の本をもらいました。
ちょっと長めのお話だけど、今のkanaなら聞けるかな?ってボラさんが選んでくれました。
母もこのくらいのお話は楽しめるんじゃないかと思っていたところだったのですごくうれしかったです。
いつもいつもありがとう。

昨日早速ボラさんに全部読んでもらい(途中で寝ましたが)
今日も母が読んであげました。
でも母はお話などを長く読むと必ず咳が出だして
途中でやめになっちゃうんですよね。
今日も「どようび」でゲホゲホになり、続きは明日にしてもらいました。
お話の「続き」を楽しみにするなんていうこと、kanaは初挑戦かも。
今日読んだ内容、覚えているかしらね?
スポンサーサイト
【2010/05/24】 楽しいを考える | コメント(-)

音楽あそび。
100523c.jpg
今日は小雨がぱらつく中、お出かけをしてきました。
時々参加させていただいている肢体不自由児親の会の例会です。
kanaにも楽しめるようにと企画を立ててくださり、
音楽療法士の先生を招いての音楽あそびに参加してきました。

家を出てバギーに乗って、タクシーで会場入り。
体を動かしたりガタガタしたのに、kanaはずっと寝ていました。
そして、いざ始まってもまったく起きる気配なし。
耳元でタンバリンをバンバン鳴らしても、
顔の上をふわふわの布が通っても腕をブンブン振っても。
みなさん苦笑いです。
ここでもkanaはkanaでした。

会場には見たことあるけど、めったにさわる事のないような楽器がいっぱい並びます。
カバサとか、ヴィブラスラップとか波の音を作るオーシャンドラムとか。
  

太鼓も大小いろんな形のものがいっぱいです。
そんなkanaがパチッと目を覚ましたのは半分ほど終わってから。
学校でも使うこれ→をさわり始めてから。
聞きなれた音に反応したのか、ただうるさかったからか…。
起きてからは「楽しい」がはっきりわかる表情を見せてくれました。
手もよく伸びて力強く楽器を叩き、いい音を出していました。
でも音楽あそびの時間は残り少なくて…。
「さようなら」の後、kanaは明らかに不満そうな顔をしていました。
あんたねぇ…です。

タクシーのおじさんのお迎えが来て、kanaは一足先に帰らせてもらいました。
先日の金曜日の遠足の疲れもすっきり取れぬまま
今日もお出かけをさせてしまいました。
行きは硬そうな鼻水が奥のほうでぶひぶひ聞こえていたので
心配をして出かけましたが、出先で吸引することは一度もなかったです。

この二回のお出かけで、吸引器があるだけで
気持ちに余裕が出るっていうことがよくわかりました。
でも昔のモデルのスマイルなのでまだ吸引ビンがガラスです。
気をつけなければいつ割れちゃうか…って心配もあります。
やっぱり、新しい吸引器を用意しようかな。
拍手コメでミナさんに教えてもらったスマイルが第一候補。
夏のディズニー前に用意した方がいいかな。

この会にkanaを連れて行ったのも初めてで、
みなさん「はじめまして~」とやさしくkanaに声をかけてくれました。
うれしかったです。
ボラさん、今日も一緒に行ってくれてありがとうね。
【2010/05/23】 楽しいを考える | コメント(-)

kana、プールに入る!
090809c.jpg
左:プール直前のkana  右:プール直後のkana

三度目の正直。
やっとやっと、今日kanaはプールに入りました。
プール体験教室の3回目に参加させてもらいました。
papaは仕事のため、ボラさんが一緒です。
タクシーのおじさんの都合で、
出発がプール開始の1時間も前になってしまいましたが
結果的にプール前のこの余裕はよかったかも。
焦らずに支度ができたかな。

教室は8人ほどの子どもとその親、さらにはきょうだいの子の参加もあり
指導員にボランティアさんというにぎやかな雰囲気。
肢体不自由児のプール教室ということで集まった子どもたちは
想像していましたが、やはりkanaよりもずい分動ける子たちばかり。
みんなはもう慣れたもので
kanaが支度をしてプールに行くとすでに水に入っていました。

一度もkanaとこんな大きなプールに入る体験をしたことのない私は
何をしていいのやら???で戸惑うばかり。
抱っこで濡れたプールサイドを歩くのも不安を感じるほど。
とりあえずkanaをバスチェアのようなネット張りの車椅子に乗せてもらい
それでプールのそばまで行きました。

そこでkanaの注意することを伝え、教室の進め方などの話を聞きました。
kanaは明らかに他の子達よりも制限や注意することが多いけれど、
できるかぎりみんなと同じことをさせていきたいと言われました。
水際に敷いたマットにkanaを寝かせ、さて次はどうするのかと思いきや…
いきなり指導員さんはkanaを抱っこで水の中に入れました。
あの…体操とかないんですか?とちょっとびっくりです。
もっと入るまでにならしとかの時間があるものと思ってました(^-^;

初プールは緊張感もさほどなく始まりました。
指導員さんの中に重度心身障害児・者の専門(?)の方がみえて
その方がkanaを上手に水に浮かせてくれました。
体をゆらゆら揺らしながら動いてkanaに水の感触を楽しませてくれます。
kanaには笑顔も見られ、十分水の感触と自由な動きを楽しんでいるよう。

kanaがプール初体験ならお母さんも初めてですよね…と言われ、
まず水中での支え方を教えてもらいました。
kanaの頭を自分の肩に乗せるかっこうで
ほっぺとほっぺがくっつくようにkanaの顔を固定し
あとは両手で腰を支えるだけでぷら~んと浮いています。
自分を軸にしてkanaが直角に横たわっている感じです。
ポイントは支える側の肩を水面ギリギリにすること。
そのためには足を広げて腰を落とす必要があります。

しばらく指導員さんの支えでkanaは水に浮き、
教室のみんなと一緒にゲームに参加しました。
移動するにはそのまま前後に動きます。
でも前に移動する時は体に抵抗を受けた水がkanaの口に入ってしまいそう。
横で見てて、それが気になって気になって怖かったです。
キャーキャー言いながらみんなが楽しそうにしていても
私は楽しむ余裕もなく、kanaの顔ばかり見ていました。

あっという間に水に入ったまま時間が過ぎていき、
kanaの唇が少し青く見え、指先も青っぽく感じるようになりました。
一般のスポーツジムなどの室内プールよりも少し水温は高めと聞いていましたが、
それでもお風呂とは違います。
kanaには寒いみたいです。
服を着たままで暑いのにボラさんもずっとプールサイドでkanaの変化を見ててくれ
少し休憩したら?と声をかけてくれました。
教室の流れにのっていた私には休憩のタイミングが見えてなかったので
声をかけてもらってよかったです。

一旦、更衣室に移動してあったかいシャワーで温まりました。
手足を揉んであげるとすぐに指先や唇の青みも消えてピンク色になります。
教室の他の子たちはずっと入ったままです。
みんな体力あるんだなぁって感心しました。
それに長袖を着ていたのもkanaだけ。
kanaには長ズボンも欲しいなって思うほどなのに。

少し休憩してプールに戻り、今度は母がkanaを支えてプールに入りました。
教えてもらったように肩で固定することや、
自分の肩を水面と合わせるのは意外に難しく
腰を反らしてkanaの位置を調節しようとしてしまいます。
それでは腰を痛めるからと
何度も「お相撲さんがしこを踏む感じで」と注意を受けました。
母が慣れないのがkanaの緊張を誘うのか、
kanaも落ち着かない様子で体に力が入ってしまい、最初ほど余裕がありません。
母のほっぺに力の入ったkanaの手が何度も当たるようになってきたので、
誰よりも早くおしまいにしました。

ここからも早くあったまらないとと気持ちが焦り、
指導員さんにちゃんとお礼を言ったのかも覚えていません。
ボラさんも汗や水でビチョビチョになりながらkanaを暖め着替えを手伝ってくれました。
バタバタと母自身も着替えていたら、
「kanaちゃん、プールは入れたんだね!」と誰かが声をかけてくれました。
ここの施設には知り合いいないのに…と思っていたら
肢体不自由児の親の会のNさんでした。
今日は入れたかな?って気にしてくれてたそうでとてもうれしかったです。

着替えてからもしばらくプールを見下ろす場所で休憩。
タクシーのおじさんを待ちました。
ボラさんはあったかいお湯をもらってきてくれてkanaを体の中からも暖めたり
ずっと足を揉んでくれたり、kanaの体を気づかってくれました。
papaに「入れたよ」ってメールをしたら、すぐに電話がありました。

帰宅して、ボラさんが帰られるとkanaはすぐにお昼寝。
心配して持っていった吸引器は帰宅後も今のところ一度も使わずにいます。
鼻水も痰も増えていません。
SPO2、心拍共に落ち着いています。
冷えたせいか、おしっこは多めかな。

今日は念願のうれしい経験ができました。
まだ教室はあと一回ありますが、
母的にはもうこの夏は制覇した!くらいの達成感を感じています。
ボラさん、何から何まで本当にありがとう。
でも水の中はやっぱり疲れますね…母も今日は疲れました。
【2009/08/09】 楽しいを考える | コメントを書く(10)

歌のうまいおじさん。
090707c.jpg今日の名古屋は雲が多め。
天の川を見ることは難しいかな。
それでもきっとkanaのお願いは
厚い雲もカーテンをも通り抜けるほど
ピカーンと光って空の上からでもはっきりわかるに違いない。きっとそう。

今日は訪看さんのお風呂の日。
元気よく入ってきた訪看さんにkanaは甘えた声で何かを言ってます。
絵本の催促かな?
今日は母のお風呂待ちの時間に読み終えられるよう
少し短めの本を選んでもらったみたいです。
昨日の朝から熱は上がっていません。
お風呂にもしっかり入れて、まずまずの調子です。

不良品だった経管栄養のルート交換、
訪看さんが来る今日まで粘って一緒に交換をしてもらいました。
エアーの確認がちっともわからず、
何度も何度も空気を入れて、それでもだめで鼻の穴を変えて…
ずい分時間がかかり刺激も多くなっちゃったけど無事に入れ替え完了。
あ~、疲れた。
kanaも苦しい思いをする大変な作業ですが、
母も早く確実に入ってくれ!と必死に祈りながらの作業は疲れます。ε=( ̄。 ̄;)フゥ
今度は漏れないでね。

夕方来たボラさんが、kanaにプレゼントを持ってきてくれました。
kanaがクラッシックに興味がありそう?と聞き、
ボラさんちのパパさんからCD4枚が届きました。
内容はとってもバラエティーに富んでいて
リスト、JAZZ、ボレロ、3大テノールなど
パパさんがkanaの反応を期待して選んでくれたものです。

まず一番お勧めという
3大テノール:カレーラス、ドミンゴ、パヴァロッティのCDを聴いてみました。
kana、すごい声量のおじさんのこんな歌を聴くのは初めてだね。
…母もトリノオリンピックの開会式で聴いた以来かな。
これが人の声だってわかるかな?
けっこう真剣な表情で聞き入っていました。
おじさんの声がうわ~んと伸びるところではなぜかkanaの目は上に行きます。
曲が終わってワーッと拍手が沸きあがるとkanaも休憩。
口をツンツン動かして拍手のつもり?…それとも次に行け?
歌の最中とは明らかに様子が変わります。
kanaの顔を見ているだけでおもしろかった。

以前にも日記に書いたことがありますが、昔の主治医に
「お母さんがkanaちゃんに聞かせている子ども向けの音楽は
 もしかしたら好きじゃないかもしれないよ。
 ロックやジャズや英語の歌やドイツ語やフランス語なんかの方が
 耳に入ってくるかもしれないよ。
 いろんな種類の言葉や曲を聞かせてあげたら?」
って言われてほ~っと思ったことがあります。
今日のこの3大テノールのイタリア語、
もしかしたらkanaはちゃんと意味がわかってたりしてね。

さて他のもゆっくり聞かせてもらって、お好みを見つけましょう。
楽しい音楽、ありがとう。
【2009/07/07】 楽しいを考える | コメントを書く(0)

新しい絵本「にゃーご」。
090217c.jpg当直明けでpapaが帰宅したのはいつもより2時間も遅くでした。
事故にでもあったんじゃ?
体調が悪くってどこかでへばってる?
いろいろ心配していたら
職場でみんなと昼食を済ませ車屋とケーキ屋に寄っていたんだそう。
連絡してよね。
“(`(エ)´)ノ彡☆ プンプン!!

papaが帰ったので、近くのコンビニに届いた本を取りに行きました。
途中にある梅畑、白い花がいっぱい咲いていました。
強い風で枝が揺れていい香りが漂ってきます。
帰りに携帯で写真を撮ってきました。
空もきれい。

届いた本は私の編み物の本とkanaの絵本。
先日、授業の中で先生に読んでもらっていた
宮西達也作「にゃ-ご」です。
隣の部屋で編み物をしながら耳をそばだてて内容を聞いていました。
お話がとってもかわいく、キャラクターも愛らしく
kanaにもっと読んであげたいと思い即買いしちゃいました。

写真は表紙を広げたところの絵。
迫力満点です。
大きくてはっきりした絵がkanaにも見えるかな?
お話中に何度も出てくる「にゃーご」の言葉を楽しんでくれるといいなぁ。

自分で読みながら、ちょっと早すぎ?と反省。
先生はもっとゆっくり読んでくれてた気がします。
お話を聞きながら寝てっちゃったので、今日はいまひとつ反応はわからず…。
また明日。
【2009/02/17】 楽しいを考える | コメントを書く(0)
   次のページ≫
■おでむかえkana

■CALENDER

05≪│2017/06│≫07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

■SEARCH・RANKING

■CATEGORY

■先頭の+(プラス)クリックでカテゴリオープン■

■SEARCH

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。