スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/--】 スポンサー広告 | コメント(-)

kana、大好き。
午後1時29分、加奈の時計が止まりました。
がんばってくれました。
自慢の娘です。
スポンサーサイト
【2011/03/31】 入院中 | コメントを書く(29)

ICUへ。
先程、CTで腹水と胸水がわかりました。ICUで管理をしてもらったほうがいいとの判断でこれから移動します。腸も腫れているようです。

ただ、今回は元気になったら病棟に戻れるというところまでICUで診てもらえないと思います。重篤な所を診てもらい、少し落ち着いたら病棟で大事な時間を過ごすということになると思います。

少しでも苦しいことが減るように祈ってあげてください。
【2011/03/30】 入院中 | コメントを書く(12)

プレ誕生会。
110325.jpg110325a.jpg

誕生日を前に、一日早く看護師さんたちがお祝いをしてくれました。
明日は土曜日で人が少ないからということで…。
部屋もいっぱい飾り付けました。(病棟からのレンタルで)
うれしかった。
明日はもっとうれしいだろうな。


【kanaの記録より】

夜中はずっと起きている。6時の体交後は眠っていく。
お腹の張り強い。浣腸、ガス抜きをする。
ガスは全く出ず、おしっこう○ちが出て、やわらなっくなった。
明日も浣腸した方がいいのでは?
むくみ強い。太ももにも。
レントゲンで痰多い。
午後から喘息の音も減り、換気量安定。
ただし右向きは下がる傾向なため、ミルクは上向きにし、右は少し短めにしていく。
吸引回数とても少ない。
吸引すればそこそこ引けるが、咳き込むようなことがない。カフ上多い。


呼吸器 40%
発作 
水分 計1000ml (エレ45gを900ml ソリタ100ml) しそ油・オリーブ油各2ml
おしっこ 675g
うんち 浣腸 黄色ドロドロ
褥瘡 仙骨・右足指→パーミエイド
吸入 インタール・メプチン・パルミコート
服薬 クラリス・フェノバール・アスベリン・ムコダイン・イソバイド・マイスタン
    シングレアチュアブル
    ウルソ・ビオスリー
その他 ケーツー ソルメド プロジフ モダシン(本日で中止) 持続ネオフィリン
     点滴1ml/h 採血 レントゲン ガーゼ交換 
【2011/03/25】 入院中 | コメントを書く(0)

入院240日目。
【kanaの記録より】
終了式 先生4人面会

吸入時SPO2下がる。100%O2ボタンを押しながらなら100は保てるよう。
朝からヒュー音大きい。
背中のむくみ? 硬さが強い。もんでやると気持ちよさそう。
右目二重。
O2、35%に下げるが、100%でなくてもいいとのこと。
(100%が続くと自発がなくなることがある)
それでも100%はよく出ている。
夕方からは心拍100台なほど楽なよう。
カフアシスト時の痰、昨日より出ている。
午後からは目の力、口元の表情が少し出る。
夜のミルク後、SPO2ふらつく。
胸のキュー音↑。
吸入O240%に。(当直Dr.G)呼吸のリズムも乱れている。

呼吸器 40%→35%→40%
発作 目
水分 計1000ml (エレ45gを900ml ソリタ100ml) しそ油・オリーブ油各2ml
おしっこ 1026g  +
うんち 2回 少し
褥瘡 仙骨・右足指→パーミエイド(交換)
吸入 インタール・メプチン・パルミコート
服薬 クラリス・フェノバール・アスベリン・ムコダイン・イソバイド・マイスタン
    シングレアチュアブル
    ウルソ・ビオスリー
その他 ソルメド×1 プロジフ×1 モダシン 持続ネオフィリン
      点滴1ml/h ガーゼ・胃カテ交換    
【2011/03/24】 入院中 | コメントを書く(0)

怖い。

あの当直医のこと、それから連絡体制のこと師長さんと主治医に訴えておきました。
今までももちろん連絡方はあるとのことでしたが、きちんと機能していないことがわかったのだから、チーム内だけでなく、小児科全体で見直しを!とお願いしました。

いつも見ていないからわからないと言うのがあの医者のいいわけ。
だからkanaにがんばってもらって、4月から病棟に入るというあの医者にkanaをしっかり診てもらい、力量を見せてもらおうと思っています。

kanaは肺がずいぶん固くなってしまってて、それに朝方の喘息がひどいので午前中はずっとしんどそうです。
換気量が上がりません。
吸入一つするのにも酸素の下がり方とにらめっこをしながらです。
午後からは少し穏やかな顔も見られ、そこでやっとホッとできる感じです。

キューキューしているのに痰が出ない。
今はその時期で、ここを超えたらまた痰が出てくるだろうとA君は言います。
持続吸引を口に入れているからそれで垂れ込みが減って少ないのでは?とH先生は言います。
今のkanaは下向きではなく、わずかながら矢印は上を向いているから大丈夫とA君に言われても、実感として感じられることが不安定なので思い込もうにも思い込めず。
ただただ不安で泣けてきます。
夜が怖いし、週末が怖いです。

この入院中に打つ手が一つ一つ減って来て、ついに呼吸器の圧をどうあげるか…ってところでしかkanaをサポートできなくなってしまいました。
薬も何が残ってる?
だから、調子を見ながら下げれる物は下げ、引ける物は引いておかないと、次にガクンと下がった時に打つ手が本当になくなってしまいます。
採血では血中の二酸化炭素は50くらい、酸素が150ほどあったので圧をわずかに下げました。
その分、換気量は下がったけど。

今日はA君のお誕生日でした。
kanaから『ちっくん一回おまけ券』をあげました。
注射の絵を描いたチケットを渡したら「採血しかだめ?点滴は?」と笑って喜んでくれました。

世の中の動きを気にするのは、夕方papaが来てくれて一緒にご飯を食べる時だけ。
テレビを見ながら我が家だったらどうするだろう?と話しをするくらいです。
まだまだ余震が続き、関東以北の方々は怖くて不安な毎日を過ごされているんですよね。
気持ちを寄せてあげられる余裕もなくて、本当にごめんなさい。
【2011/03/23】 入院中 | コメントを書く(3)
   次のページ≫
■おでむかえkana

■CALENDER

09≪│2017/10│≫11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

■SEARCH・RANKING

■CATEGORY

■先頭の+(プラス)クリックでカテゴリオープン■

■SEARCH

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。