スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/--】 スポンサー広告 | コメント(-)

絵本コーナーをのぞく。
141125a.jpg

papaとイオンへ出かけました。
一緒に回ることも多いけれど、メインの目的が食材なんて時には
それぞれが気になる所へ各々出向き、どこかで集合ということもあります。

今日は本屋集合だけ決めて、
無印やバッグなんかをプラプラ見た後、集合場所へ行きました。
papaはまだ車の本を見ていました。
長くかかりそうだったので、とりあえず絵本のチェックに行きました。

だいたい本屋に行くと私は絵本コーナーに向かいます。
kanaが好きだった『そらまめくんシリーズ』のチェックがしたいんです。
続編あるかな?って。

絵本を買うことはもうありません。
新作チェックも、懐かしい絵本も手に取ることはありません。
ただそらまめくんを探します。

でも万一そらまめくんの続編があったとしても買うのかなぁ…。
あったらあったで、kanaの知らないものが増えていくのは淋しい気がする。
いろんな気持ちがあるけれどチェックはしたいんですね。
以前しかけ絵本の『あそびにおいでよ そらまめくん』 っていうのは見かけました。
でも手に取れませんでした。

今、この作者さんはどんぐりさんのお話が人気なんですね。
kanaがいなくなってから、そらまめくんは一度も読めていません。
シリーズのうち一冊はkanaが持って行ったからうちの本棚には3冊残ってるのかな。
スポンサーサイト
【2014/11/25】 母の気持ち | コメントを書く(0)

ワンマン電車。
papaが泊りの研修で留守にするというので実家のお手伝いに出かけました。
久しぶりに二泊してきました。
インフルエンザが流行っている名古屋から行くため
おじじ、おばばに変な菌をお土産にしてもいけないので
行きのバス、電車ではマスク着用で。

久しぶりにJRに乗ったら「ワンマン電車」というシステムになっていました。
そういえば、以前夜に乗った時にも乗降できる扉が限定されてて
あたふたしたことがあったなぁ…。

私は名古屋から名鉄電車で豊橋駅に着き、改札を出ずにそのままJRに乗り換えます。
するとJRの切符を持たずに乗ることになってしまいます。
電車が発車して車内の掲示で「ワンマン電車」ということを知ってから
どうしたらいいんだ?とドキドキし始めました。
今までなら車内で添乗員さんにお願いをして切符が買えたのに。

掲示には降りる時に運転手さんに切符を渡すとか、定期を見せるとか書いてあります。
なら、その時にお金を払えばいいのかなぁ??
降りる駅まで『安住紳一郎の日曜天国』のポッドキャストでも聴いて
にやにやしながらのんきに過ごせばいいやと思っていたのに
どうにも落ち着かなくて安住さんの変人ぶりが頭に入ってきませんでした。

駅が近づくにつれていいことを思いつきました。
私の降りる駅はちょっと大きめの駅だから駅にはきっと駅員さんがいるだろうから
降車してからその人に言ってお金を払えばいいのでは?と思いつきました。
結局それが正解。
何の問題もなく「410円です」と教えてもらいお金を払いました。ふ~~。
ちょっと行かないといろんなことが変わっていて困惑します。

迎えに来てくれてた父が自販機で買ってくれてた
缶かんのコーンポタージュを飲みながら家に向かいました。
実家は名古屋よりも山な分、ずいぶん寒く感じました。
風邪を引いちゃならないといつもよりもババシャツは厚め。
二日間、父母が作っている民芸品の最終検品の作業でした。
普段ならpapaにやってもらうだろう重めの段ボールを持ったりすることも
年寄りに任せるわけにもいかずに私がやります。
正直、腰がやばいです。
帰りはpapaに迎えに来てもらいました。
【2014/11/23】 母のおでかけ | コメントを書く(0)

いい誕生日。
141118a.jpg昨日は私の誕生日でした。
LINEやFBなどで思いがけずたくさんの方におめでとうを言っていただきました。
うれしかったです。
ありがとうございました。

papaはお出かけで私に楽しい時間をプレゼントしてくれようとしたみたいですが、
第一の案の遠出は却下し、第二案もどうせ行くなら泊りで行きたいと却下。
結局、朝モスしてドラッグストアに連れてってもらい欲しい物を買いました。
それから100均に行って、『神去なあなあ日常』のDVDを借りてお蕎麦を食べながら二人で観ました。

大きなイベントは何もなかったけど、いい一日だったなぁと思います。
そしていい誕生日になったなぁと思います。
【2014/11/19】 母のこと | コメントを書く(0)

その夜の夢…。
遺族会でkanaのことをいっぱい思い出したその夜、kanaの夢を見ました。
「kanaはほんとは生きている」っていう夢でした。

私の実家の父が「kanaちゃんの浴衣を作る生地が欲しい」と言って来ました。
何故かと聞くと、着替えの浴衣を洗濯しちゃうと足らなくなるから
もっとたくさん作ろうと思って…と答えます。
kanaはもう死んじゃったはずじゃ??って聞いたら、父は
何を言っているんだ、kanaちゃんは〇〇(実家)にずっといるよ!と言い切りました。

なーーんだ、kanaは生きてんのか。
死んじゃったなんてのは嘘で、kanaはちゃんと生きてるのか。
なんだかいろんなモヤモヤが溶けた気がしました。
そしてピンクの浴衣生地をいろいろ選んでいる所で目が覚めました。
目が覚めても、kanaは実家にいるんだと思えて
安心したような、うれしいような感じがしました。

でも先に起きていたpapaにはその話ができませんでした。
だって、すぐにそれはもう夢だってわかったから。
あんな風にいっぱいkanaのことを考えると夢に見たりするんだなぁと
冷静に考えながらコーヒーを淹れました。

kanaが生きてるという夢は見ましたけど、たしかkanaは出てきませんでした。
そして、夢の中のkanaは元気に走り回るkanaではなく
あの頃のままの寝ているkanaのようでした。
そっか…と思いました。
【2014/11/17】 母のこと | コメントを書く(2)

変化していくこと。
すごくお久しぶりの投稿になりました。
元気にしております。
静かにしていた間に身の回りのこともちょっと変わってきました。

まず春に親の介護について考えさせられる現実が出てきました。
テレビや新聞で見るだけの『認知症』の文字が
すぐそこにあるものだということを身に染みて感じました。
kanaをおくって3年が過ぎ、今度は大人の介護を考える時期が来たのかぁとしみじみ思いました。

それを受けて考えたのは、そろそろ名古屋を離れる時期かなぁってこと。
通院や生活のサポートをするために、これからは実家に帰ることも増えるでしょう。
いえ、それがなかったとしてもそれぞれの親の年齢を考えれば
そろそろスープの冷めない距離に行くことを考えるべき時期かも。
今回の親の認知症はいいきっかけですね。
まぁ、サラリーマンのpapaがいつ実家に近い会社に移れるかはわかりません。
希望は希望として伝えたとしても諸事情が解決せねば異動はできません。

実家に帰ることも増えるということで、私はそろばんの仕事も辞めました。
急な休みをもらうことも増えるだろうから辞めることにしました。
また仕事を辞めたことで習い事も全てすっぱりやめました。
なので、実家に行かない日はのんびりしています。

週一くらいのペースで実家に行き、親の様子を観察しながら
これからの認知症の大変さを想像しているところです。
さて、これからどんな風になっていくのかなぁ。
【2014/11/02】 母のこと | コメントを書く(0)
   次のページ≫
■おでむかえkana

■CALENDER

05≪│2017/06│≫07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

■SEARCH・RANKING

■CATEGORY

■先頭の+(プラス)クリックでカテゴリオープン■

■SEARCH

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。