スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/--】 スポンサー広告 | コメント(-)

花火がすごかった~!
091011c.jpg
papaの実家で秋祭りがあり出かけてきました。
久しぶりにkanaをじいちゃん、ばあちゃんに会わせる事ができました。
お墓参りをし、お宮さんにも参ってkanaと一緒に花火を見る…
恒例の行事になりつつあります。

我が家には今、遠出ができる車がないため、
papaが試乗もかねてヴェルファイアをレンタルしました。
あえて福祉車両ではなく普通車で。
購入に向けていろいろ迷っていることがあるらしく
それらをお試ししたかったようです。
三連休の中日と言うこともあり、東名は渋滞でした。
のろのろとカメのような状態で30~40分ほど余分にかかって到着。
じじばばとも、kanaが来た事をとても喜んでくれました。

kanaは着いてすぐに昼のミルクになるため、
父と母だけでお墓参りとお宮参りに出かけました。
「宮入」のため細い路地の手前で順番を待っているやぐらが数台います。
担ぎ手の人たちはすでにヘロヘロです。
中にはpapaの知り合いもいたりして。
「お前も担げ」というようなジェスチャーを、papaは笑って断っていました。

お宮では夜の花火の準備が進められています。
その真ん中を通って、本殿で参拝をします。
打ち上げ花火の筒が何本も置かれている所を通っていくので
もちろん火の気は厳禁。
持っていなくてもちょっと緊張します。

夜になるのを待って、kanaと一緒に再びお宮へ花火を見に行きました。
手筒花火が幾本もきれいな火の柱を吹き上げ、
ドカーンという大きな爆発音と共に終わっていきます。
その音もけっこう迫力がありますが
バギーに寝たままの姿勢のkanaには人垣が邪魔をして火の柱は見えません。
音と火薬の燃える匂いだけで雰囲気を楽しみます。

手筒花火の次はやぐらに仕掛けられた打ち上げ花火があります。
それが今年はとってもすごかった。
空に打ち上げられる普通の花火と違い規模が小さいので、
打ち上げられる高さも低くものすごく間近で花火の破裂音を感じます。
寝姿勢のkanaが、誰よりもベストポジションって感じです。
半分、これは事故じゃないの?って思うくらい近くで上がる花火に
大人の私でさえ「怖い」と思うほど。
ものすごい迫力です。
悲鳴のようなキャ~~~~~って声も
花火の音でかき消されちゃって聞こえないくらいの音。
kanaも怖かったんじゃないかなぁ?

毎年、この花火の時に高校の同級生のTちゃんがお宮で出迎えてくれ
私たちが帰るまでずっと一緒にいてくれます。
他のお友だちとのお付き合いもあるでしょうに、
kanaを気づかい、花火の説明をし、楽しく過ごすことができます。
今年も、本当にありがとう。
旦那さんに会えず、残念でした~。

こんな風にpapaの実家でバギーに載せたkanaと一緒に歩くのに
以前は少し抵抗がありました。
こんなことも慣れでしょうかね。
今年はほとんど気になりませんでした。
3人で夜の街を歩いている間に考えていたのは、
このバギー、かっこいいでしょ?ってことでした('-'*)フフ
私もずい分図太くなりました。

りんごあめを買ってもらい、kanaもちょっとだけ味見。
唇が赤くなってましたよ。
先日購入した、バギー用の寝袋もいい感じで使えました。
またレポしたいと思っています。
帰宅は夜11時を過ぎ、さすがにkanaも大人も疲れました。
スポンサーサイト
【2009/10/11】 じじばばに会いに | コメントを書く(4)

秋祭り…手筒花火は怖いよ。
081012c.jpg
今日はおじいちゃんのところが秋祭りでした。
朝、寝ているkanaは割ときれいな呼吸をしています。
でも起きると状況が違うkanaなので、
起きた様子を把握してから出かけたいんだけど…
今日に限ってゆっくり、ぐっすり寝ています。
もう9時過ぎてますよ。
papaも一緒に寝ちゃってます…ホントに行く気あるのかな?
高速道路が大嫌いな母は、ただただ行きたくないんです。

結局11時過ぎに出かけました。
行くのか…( -_-)
東名高速道路、papaはいたって安全運転で走行してくれます。
80km/h遵守で、車線変更も極力しません。
でも私にはもっとスピードが出ているように感じます。
前の車のこと、抜いていく隣の車のことがいちいち気になって
体に力が入りっぱなし。
血圧も普段よりずいぶん高くなってたと思います。
この状況が嫌で、嫌で…考えたくないから寝ようとしますが寝られません。
「出口」が見え時には本当にほっとしました。

これを帰りにも味わうのか…。
人生であと何回高速道路に乗らなくちゃいけないんだろう…。
そんなことを考えると気が重いです。
気分も悪くなっちゃって…(  )ノ_...オエェ...

おじいちゃんたちが笑顔で迎えてくれます。
kanaはいつものように仏間のテーブルの上に敷いた布団に寝かせてもらいます。
すでに家からお祭りの格好をしてきました。やる気です。
お天気も良く、気持ちのいい秋日和。
papaとお参りと買い物に出かけました。
買い物の帰りはやぐらがお宮に入る様子が見られました。
他は人が閑散としているけれど、そこだけは人がいっぱい。
コスモスや秋の花もきれいに咲いています。
kanaは夜まで体力温存のため家でお留守番です。

外も暗くなり、kanaは真冬のジャンパーを着て出かけました。
暗いけど、kanaのバギーはやっぱり目立ちます。
振り返られることもしばしば。
知ってる人に会いたくなぁ…なんて思いながらお宮に向かいます。

お宮は手筒花火の爆ぜる大きな音と、火薬の臭いが鼻を突きます。
にぎやかな人ごみでkanaは緊張気味。
時間が経つにつれて目つきが挙動不審です。
特に手筒花火の最後の音はとっても怖い様子。
年齢が上がるに連れて、感情が複雑になるのかな。
わかるようになるというのは大変ですね。
その余裕のなさにお友だちと早々に別れて帰宅しました。

帰りはまた怖い東名を通って名古屋を目指します。
kanaは相当疲れたようで車中はずっと寝ていました。
今年も行けてよかったねぇ。
おじいちゃん、おばあちゃん喜んでくれたね。
【2008/10/12】 じじばばに会いに | コメントを書く(2)

形から入る…お祭りわっしょい。
071007e.jpg今日はpapaの実家のお祭りに行きました。
3日間のお祭りのうち、初日は神社で能があり、
最終日の今日は奉納手筒花火がありました。

数ヶ月前におばあちゃんから、
お祭り用の上着の注文があるけどどうする?と
連絡をもらいました。
papaが「注文して」と乗り気な様子を見せます。
kanaに地元の子ども達と同じ格好をさせたい
という思いのようです。
そう、papaは形から入る人です。

上着は注文したので、大丈夫。
下は普通の黒いスパッツでいいらしいと聞き、
そろえておきました。
そして今日、いざkanaにそれらを着せてみると
何かが足りない気がします。
ちょうど家の前を「おいさ、おいさ」と
いくつもの集団が通り過ぎていったばかり。
それらを見がてら、子ども達の服装を調査しに行くことにしました。

そこは私の初めて見る、お祭りの見せ場でした。
やぐらは神社へ通じる細い道に入っていきます。
入るのには地区事に順番が決まっており、
一番に入るはずのやぐらはなかなか進みません。
さっさと進んでしまえば、自分達のお祭りはそれで終わってしまいます。
なので、なかなか入ろうとしません。
重いやぐらは地面につけてはいけないとかいう決まりもあるようです。
順番を待つやぐらは10個以上。
じっと待つわけではなく、上下に激しく揺さぶって盛り上げています。
遅い順番の人はただただしんどいだけの時間です。
お祭り最終日、お酒もかなり入り、みんなヘロヘロの極致です。
いろんな思いがぶつかり合って、喧嘩もおきています。

そんな様子を見ながら、papaと子どもの格好をリサーチし
近所の洋品店に入りました。
kanaに「どんぶり」と呼ばれる
黒いポケット付きの前掛けとバンダナを買いました。
家に帰りさっそく着せてあげました。
kanaちゃん、かっこい~~~~~~!
親をはじめ、じじ・ばばも大はしゃぎでした。

夜を待って、神社で行われる花火に出かけました。
手筒花火って知っていますか?
三河地方では有名な花火です。
太い竹筒の中に火薬を詰め、それに火を付け肩に担ぎます。
頭の上に勢いよく火柱が立ち上り、火の粉が頭に降ってきます。
最後はズドーン!と大きな音を立てて筒の底が抜けておしまいです。
それが100本以上出されます。
煙もすごいので風上に陣取ってkanaも見物です。
近くでは爆竹もバンバン鳴っています。
大きな音と、光と、火薬の燃える匂いを感じました。

手筒花火の奉納の後は、先ほどのやぐらに仕掛けられた花火が上がります。
間近で見る何発もの打ち上げ花火はまさにおなかに響くものです。
夏に見に行った時には感じられなかった、
おなかに響く花火の音を今日、経験させてあげることができました。
あまりの近さとそのすごさに親もびっくりして、1つだけ見て帰りました。
神社ではTちゃんとKさんにもkanaを会わす事ができました。
いろいろありがとね。

実は、この花火見物が地元でのkanaの初外出でした。
名古屋では何でもなくできる外出なのですが、
kanaをバギーに乗せて地元の町を歩くのにはかなり勇気がいりました。
どう思われるか?
知り合いに会ったら、どう思われるか?
…それでも、そこに住んでいない私たちはまだいいです。
そこに住んでいるおばあちゃんたちの気持ちはどうなのか??
出かける前、正直に聞きました。
でも、おばあちゃんはそのことへの返事は避けました。
kanaが寒いから心配だ…とだけ言っていました。
papaにも言いましたが「わかってる」と言いながら、
一緒に出かけるという気持ちは変わりませんでした。
…私の地元でもまだできていないのですが…

真冬用のジャンバーを持っていきましたが、
さすがにkanaの手足はとっても冷たくなってしまいました。
風邪引かないといいんだけど。
おばあちゃんの家に一歩入ったとたん、kanaは笑顔になりました。
あったかかったからかな?
おばあちゃんの声を聞いてほっとしたのかな?
外は刺激がいっぱいだったもんね。

帰りの車では久しぶりにチャイルドシートがイヤでイヤで、
何度も休憩をして調節を繰り返しました。
何度目かの休憩で何とか落ち着いて、すぐに寝て行きました。
kanaは振り回されて大変だったけど、親はとても満足した一日でした。
疲れましたね…kana。
【2007/10/07】 じじばばに会いに | コメントを書く(2)

体重と正座の戦い。
070922c.jpg今日は母の実家で法事がありました。
母の父方のじーちゃんの33回忌とばーちゃんの27回忌。
じーちゃんのはもうこれで最後にするそうで
最後ならばと私も出席させてもらいました。

私の結婚式に来ていただいた時以来という
親戚のおじさん・おばさんにも会いました。
実に10年ぶり。
大変ご無沙汰をしてすみません…。
私が行くことを伝えてなかったようで、
「きぬちゃん、来てくれたの~!」ととても喜んでくれました。
kanaも一緒に行きましたが、法事の間はpapaの実家で待つことにしました。
お寺さん、蚊もいっぱいいるし、線香の煙もkanaにどうかわからないし。

お経をあげて頂く間の1時間弱?…私の憂鬱はもちろん、正座。
ふだん、正座なんてまったくしないし、
第一この体。
体重が全て足にかかれば、しびれるに決まっています。
すると和尚さんが正座椅子っていうんでしょうか?
それを貸してくれました。
おお~、今時のお寺はなんてやさしいんだ…(人-)感謝!

お経の本も貸していただき、目で追います。
知ってるお経が終り、今どこだ??と本をペラペラめくって探します。
が、そのうちお経なんてどうでもよくなって来ました…不謹慎な!
正座椅子に座っているにもかかわらず、
足がしびれて、 さらにその次の段階まで進み、すでに感覚がありません。
これはまずい。
だって、この後お焼香をして下さいって言ってたよな。
おじさん、おばさんの目も気にせず、ゴソゴソと正座椅子を外し
お姉さん座りになって足をモミモミ、血流をよくします。
しびれの極限も揉みほぐしで回避しながら、
足の感覚を正常にすることに意識を集中します。
ああ~、だんだん復活。
その間もお経は進み、もうどこだかさっぱりわかりません。
そんな私を察知したのか、
父オサムが「12ページ」と小さくつぶやいて教えてくれました。
サンキュー、オサム。

お経が終り、いよいよお焼香です。
ε=( ̄。 ̄;A フゥ…なんとかまっすぐ歩けそうです。
ドリフのコントのように畳の上でドタンバタン倒れなくてよかったです。
その後、真夏かと思う太陽を浴びながらお墓を参りおしまいです。
お食事の場を設けてくれたので、みんなで移動です。
電話でpapaとkanaを呼び、合流しました。

親戚にはkanaの初お披露目になりました。
父母から病気のことをざっと聞いているものの、
実際にkanaに会ったらショックが大きいかしら?と心配しました。
でも、おじさん・おばさんたちはkanaが来たことをとても喜び、
たくさん声をかけてくれました。
いきなりのことでkanaも少々びっくりしていましたが、
お昼をいただいている間、静かにうとうとしながら待っててくれました。

みんなにさよならをしてpapaの実家に戻り、
kanaのミルクを終え、お米をもらって家に帰りました。
東名高速に乗ろうとしたら、事故の影響で渋滞だそう。
抜けるのに2時間かかると言うので、国道で帰ることにしました。
が、高速なら15分?で行ける距離を2時間ののろのろ走行。
ヾ(*T△T)げーーです。
その後高速に乗り、25分後には家に着いていました。
さすが高速道路!

こんなバタバタした一日でしたが、
一番よかったのは、kanaがチャイルドシートを嫌がらなかったこと。
行きはもちろん、
帰りの渋滞の長時間移動中もほとんど怒らずいい子で乗っていてくれたこと。
先日の業者さんのほんとにちょっとしたアドバイス
のおかげで
快適車移動が可能になりました。
帰りなんて、休憩1回の3時間チャイルドシートに乗りっぱなしの強行軍。
すごいです。初めてです。3時間なんて。
ちょっとお出かけの幅が広がるんじゃないかしら?なんて期待もしちゃいます。

さすがに疲れは大きいようで、昼も夜もしっかり胃から出血しコアグラが出ています。
ストレスが胃を荒らしているようです。
明日、明後日はゆっくり過ごしましょうね。
papaもお疲れ様でした。
忙しい一日でした。
でも久しぶりの豪華なお食事に(T-T)
【2007/09/22】 じじばばに会いに | コメントを書く(4)

チャイルドシートで苦労する。
070812d.jpg今日はpapaの実家へ行きました。
昨日から、お盆の人類大移動が
にぎやかだとか聞いていたので、
少々覚悟を持って行くことになりました。
papaはネットで東名の渋滞情報をチェックして
今ならまだ大丈夫と判断。
いつもよりも出発は早めの7時半。

今日は成り行きで豊田から高速に乗ることになり
下道を走っていると
kanaがしきりに声を出し始めます。
最初は甘えたような声。
この時、東名で事故渋滞が始まっていると
電光看板で見たので下道で行くことに決めました。

しだいに緊張も加わり、出発から30分も経たないうちに大緊張へ。
車を止めてkanaの位置の調節をしたり、
クッションを挟んでみたり、ベルトの調節をしてみます。
が、緊張は強くなるばかりで全く落ち着きません。
もう、帰ろうか?と思うほどの様子。
下道ならと抱っこで行ってみることにしました。
…ホントはいけないんだよね。

動く車の中での抱っこもけっこうキツイもの。
田舎道なら私にも運転できるので途中はpapaと交代をしながら。
kanaはほぼ緊張も解け、眠そうな顔をしています。
あの緊張はすごく疲れたと思います。
休憩を多めにとりながら高速より多めに時間がかかって到着。
カーブの多い山道で私は酔い、着いたとたんに横になってました。
(@◇@;)うっ…

おばあちゃんに頼まれ、papaとお昼の買い物に行きました。
田舎のスーパーはお肉も惣菜も大家族仕様でいろんな物が多目です。
お盆ということもあって、BBQ用の食材の周りもにぎやかで
ペットボトルの箱買いの人も一杯います。
知り合いがいるかしら??となんだかキョロキョロしちゃいます。
帰り道、田んぼのうす緑と山の濃い緑と空の水色があまりにきれいで
車を止めて車外に出ました。
近くで草刈をしていたんでしょうね。
それが今日の強い日差しでむっとするような草いきれです。
でもいい香り。
papaとしばし堪能しました。

私の実家へも行く予定でしたが、下り道が思わぬ渋滞。
kanaもずい分疲れているようだし、
どのくらい時間がかかるか読めなかったのであきらめることに。
しょうがないね。

お昼を食べ、papaとお墓参りに行って3時には帰路につきました。
東名は午後に起きた大きな事故のため通行止め。
再び山道で帰ります。
おばあちゃんたちにバイバイをして10分。
kanaはまた声を出し始め、緊張が始まります。
車を止め、何がいけないかをさぐります。
体の位置、クッションを外し、首枕を変え…
これでダメならまた抱っこと覚悟をして車を進めます。
途中少し嫌がりましたが、
体をさすり、お尻の下をマッサージしていたら、すーっと寝ていきました。
そのまま家まで、帰りは穏やかな顔が見れました。
このチャイルドシート、やっぱり一度業者に相談しなくては。

明日はpapaは普段通り会社です。
今日の疲れが残りませんように…。
kanaもゆっくり寝て下さい。みんなお疲れ様でした。
【2007/08/12】 じじばばに会いに | コメントを書く(2)
   次のページ≫
■おでむかえkana

■CALENDER

07≪│2017/08│≫09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

■SEARCH・RANKING

■CATEGORY

■先頭の+(プラス)クリックでカテゴリオープン■

■SEARCH

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。