スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/--】 スポンサー広告 | コメント(-)

遺族会に行きました。
先月、kanaの病院から遺族会のお知らせが来ました。
ここ3年だったか5年の内に病院で亡くなったお子さんを対象にした遺族会です。

返信はがきを送る時は、行こうかどうしようか迷いました。
何となく気持ちが上を向かずにいた頃で迷いました。
どういうサイクルで来るのか不明ですが、
kanaがいなくなってから時々、何かをきっかけに気持ちがどーーーんと落ちます。
もう終わらせたい…って思うくらい、すべての物事がどうでもよく思える所に落ちます。
生活がいろいろ投げやりで困ります。
たぶんpapaはもっと困っていると思います。
でも臨床心理の先生にドタキャンでもいいですと言ってもらったので
とりあえず『参加する』の返事を出しました。

その会が今日でした。
会場はkanaの病院、内容は講演と茶話会。
papaも一緒に参加です。
受付に行くとにこやかに座っているのは昔からの看護師さんたち。
この人たちが会を作ってくれたと思うと本当にうれしい。
参加者はあまり知った顔はおらず、若いご夫婦が多い会でした。

最初の講演を聴いて感じたのは、
同じように子を亡くすという経験をしたのに、
片や世の中に絶対必要な団体を作ることに人生を捧げ、
片や毎日をぼけーとツムツム(LINEのゲーム)をして過ごしている。
この差はなんなんだ。

講演冒頭で亡くなった息子さんの写真が映り
「この子が私をここに連れてきた息子です」と言われました。
kanaもきっと思っているでしょうね。
お母さんが毎日スマホでツムツムをするために時間をあげたんじゃない…と。

講演の最後に感想を言うコーナーがあり、思いがけずpapaにマイクが渡されました。
戸惑いながらもpapaは自分の経験と講演の話をからませて話をしていました。
その時「kanaのほっぺの感触を忘れたくない」と言いました。
最近はそんな具体的な話を二人ですることもなくなりました。
でもpapaにはpapaの思い出がいっぱいあって、それは私の思い出でもあって…。
その言葉で涙がどわーーっとあふれて来ました。
kanaのほっぺの感触…忘れたくない!!
でも時間はやさしくもあるけど厳しくもあるんですよね。

茶話会では懐かしい方にいろいろ声をかけていただき
久しぶりにkanaの思い出話をいっぱいさせてもらいました。
その中にICUの看護師さんがいました。
…kanaの二度目のICUの時に担当してくださった方だったのですが、
ICUではずっとマスクをしているので目だけでは全くどなたか思い出せず。

その方が、最近アイカルディ症候群のお子さんがICUに入って来たことがあって
そのカルテを見た時に「アイカルディ症候群」の子って前にもいたよね、
『〇〇kanaちゃんだ!』ってみんなと話したんですよ…と教えてもらいました。

ICUの思い出はやっぱり辛いものばかりで、思い出す機会も少ないです。
いろんな機械やそのアラーム音。
寝かされたままのkanaの顔。
重苦しい緊張感が張り詰めた居心地の悪い空間。
余裕のない私たちはICUのスタッフへもキツイ当たり方だったでしょうし。
でも今日会った看護師さんには私の角ばった思い出をちょっと柔らかいものにしてもらえた気がします。
「〇〇kana」をまだ覚えててくれた。
それがうれしい。
来てよかったなと思いました。

病院を後にしてイオンに買い物に行きました。
イオンを歩いている間に遺族会での高揚した気持ちは落ち着き、
またいつもの普通のテンションに戻っていました。
明日からも毎日が続いてくんだなぁ。
【2014/11/15】 天使になったkanaのこと | コメントを書く(4)
<<その夜の夢…。 | blog home | 変化していくこと。>>
コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2014/11/16 19:58】 | #[ 編集]
■Sさんへ。
コメントありがとうございました。覚えてますよ!!とってもうれしいです。
そうですよね、今年は受験生なんですよね~。どんな子に成長してくれてたんでしょうね。
病院も面影のないほど変わってしまいましたが、あの頃の思い出だけはすごく鮮明です。Sさんのおかげで、Y君がいたベットの光景がフワッと思い出されました。がんばってたよね。子どもたちも私たちも。
またどこかでお会いできる機会がありますように。コメント本当にありがとう!!!
【2014/11/17 10:57】 URL | kinu #-[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2014/11/17 11:55】 | #[ 編集]
■SPさんへ。
あえて話をする場…って減っていくんですね。だからあえて話をする場を時々作らなくちゃいけないんですね。それをしていったら、どどーーーんと落ちる気持ちのブレーキとか、毎日のやる気とかになっていくのかなぁ。
この遺族会や、最近サイトをいろいろいじったことでkanaをそばに感じられ滝がします。それでまた日記を書いてみようかな…なんて思えたし…。なんだか誰かに聞いてほしいことがいっぱい湧いてきました。またここに書いてみます。
【2014/11/17 12:12】 URL | kinu #-[ 編集]
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

  
■おでむかえkana

■CALENDER

07≪│2017/08│≫09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

■SEARCH・RANKING

■CATEGORY

■先頭の+(プラス)クリックでカテゴリオープン■

■SEARCH

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。